真空管アンプのメリット・デメリット

真空管アンプのメリット・デメリットついての記事です。 メリット 独特の響きがあって綺麗な音がする。 スピーカーにやさしい  出力トランスがついているのでトランジスタアンプと違い  アンプの故障時にスピーカーを道連れにすることはまずありません 真空管の調達性がいい デメリット 電気の消費量が大きい 重い  真空管アンプはトランスの塊なので重いです。 特性が悪い  周波数特性とか歪率はよくないで…

続きを読む

無肥料栽培に関するメモ

以前行った無肥料栽培に関するメモ書きです。 ・収穫量は7割から8割くらいに減る。 やっぱり野菜の取れる量は減ってしまいます。・病害虫に強くなる。 豆類を除けば無農薬でもいい感じに綺麗な野菜ができます。 蛇足ですが豆類だけ虫が付くことから肥料を与える栽培で 個別の化学肥料で窒素肥料を絞ってみたところ病害虫に強くなりました。 市販の野菜用肥料チッソが強すぎるのではという疑問ががが・種まきの時期にシ…

続きを読む

バスレフ型と密閉型の低音とかについての考察のようなもの

W3-582SCが入った5lバスレフ型のスピーカーのダクトに詰め物をしてほぼ密閉化したときに気付いたことに関する記事です。 スピーカーのスピード感は群遅延時間が関係しているこの5lバスレフスピーカーはとにかく低音を出すために作ったので群遅延時間が大きいっぽいのです曲がゆっくりに感じるスピーカーでしたがバスレフポートをふさいだら曲がスピーディーに聞こえるようになりました。 バスレフを大きく…

続きを読む

真空管アンプはなぜ音がいいのか

真空管アンプは音がいい説を素人が考えてみた記事です。 あくまで仮説なわけですが出力トランスの効果なんじゃないかと思うわけです。 アンプが正弦波で1Wの出力を出している時に8Ωのスピーカーの場合、ピークで見ると大体 +-4V 電流は500mA位流れるわけです。この電流がグランドに流れて何か悪さをしているんじゃないかと真空管アンプの場合、雑な計算ですが出力トランスが5kΩならば +-100V 2…

続きを読む

雑でガサツな料理のコツ

雑でガサツな料理のコツ的な適当な料理についての記事です。 ・塩分量は汁物なら0.8%くらいになるように 大体水1リットルに対して8グラムくらい、薬品じゃないので そこまで厳密に考えないでOKです。・肉類に火をよく通そう 味は落ちるけど安全第一で・出汁はちゃんと使おう 結構重要・冷えたご飯にチョコレートは合わない 温かいご飯にチョコレートを乗っけてみたら意外とおいしかったからとおにぎりの具にチョ…

続きを読む