意識低い系ゲーマーにはゲーム機よりPCゲームの方が安あがりなんじゃないだろうか

ある程度機械いじりとかが出来て、画質を落とすことにためらいがなく、
年1~2本くらいしかゲームをしないなら
PCゲームのほうが安く済むじゃないだろうか?そんな感じの記事です。

1本のゲームをのんびりとやり込むタイプの人間にとって
ゲーム機本体の負担って結構大きいと思うわけです
特にPS3以降のゲーム機はなかなかのインフレ具合
複数メーカーのゲーム機を買ってそのゲーム機が現役のうちに遊ぶゲームの本数は5~6本
ゲーム機代とソフト代の比率的に割に合わないなーみたいな感じで
自作PCを組み立てると同時にPCゲームに本格的に移行しちゃったわけです。

1本のゲームをのんびりとやり込むタイプの人類って
異様にパラメーターが多いとかやたらに作り込まれた異様なこだわりのあるゲームを好む、そんな偏見があります。
PCゲームはその類のゲームの宝庫です楽園ですやったー

1万円くらいのグラフィックボードとデュアルコア以上の
高クロックCPU(PEN4D禁止)を選んで、メモリーを16Gくらい積んで、(SSDも出来れば付けたほうが良い)
設定を落とせば大体動くわけですし、最近のCPUならオンボードでも結構いけるらしい
しかも快適なPCが使えるおまけつき(PCパーツを買い替えると以前遊んでいたゲームが綺麗になったりする)
というわけでPCゲームの勧めでした。
以上です。

この記事へのコメント