オシロスコープキットDSO Shell(DSO150)を組み立ててみる

DSCF0956.JPG
3500円のオシロスコープキットDSO Shell(DSO150)を組み立てる記事です。


開封

DSCF0900.JPG
可愛らしい感じの大きさの箱
けっこう小さい

DSCF0901.JPG
安心と信頼のQCマーク

DSCF0902.JPG
テープをはがして開封
一番上のはプローブ


DSCF0904.JPG
中に入っていた物を並べてみる。

DSCF0903.JPG
ケースと細かい部品

DSCF0907.JPG
メインボード

DSCF0906.JPG
アナログボード

DSCF0908.JPG
裏面

漂う高品質感


組み立て前に

DSCF0911.JPG
動作確認

DSCF0905.JPG
テスターで計って抵抗を並べておく


組み立て開始

DSCF0910.JPG
説明書の手順とはちょっと違うけど
抵抗を説明書通りにセット
もう一度テスターで正しく配置できたか確認

DSCF0912.JPG
合ってたのでマスキングテープで仮止めする。


メインボード

DSCF0914.JPG
J8の金具
自分で曲げるっぽい

DSCF0915.JPG
ペンチでエイやと、こんな感じでいいんかな

DSCF0917.JPG
J8に差し込んでハンダ付け

DSCF0918.JPG
J6 パワーコネクタ
SW5 DPDT の取り付け

DSCF0919.JPG
ハンダ付け後
ハンダの量が安定しない



DSCF0920.JPG
J2のピンヘッダーを取り付けたら
SW1 SW2 SW3 SW4 のタクトスイッチをセットする。

DSCF0921.JPG
マスキングテープで固定

DSCF0922.JPG
ハンダ付け

DSCF0923.JPG
R30の抵抗を取る作業
追いハンダをしてハンダの海に浮かせる感じでR30の抵抗を取り除く

DSCF0924.JPG
抵抗討ち取ったり
取れたらハンダ吸い取り線で吸い取っておく


アナログボード

DSCF0913.JPG
抵抗のハンダ付け前にリード線を切る。
ちょっと切りすぎた部分が何か所か…


ハンダ付け

DSCF0925.JPG
ハンダ付け

DSCF0926.JPG
C1 C2 C4 C6 C7のセラミックコンデンサの取り付け

DSCF0927.JPG
ハンダ付け後

DSCF0928.JPG
C3 C5のトリマコンデンサを取り付ける。

DSCF0929.JPG

DSCF0930.JPG
SW1 2P3Tのスライドスイッチ取り付け

DSCF0932.JPG

DSCF0938.JPG
J1 BNCコネクターの取り付け
プローブをつなげる部分


DSCF0939.JPG
芋い
熱を吸う量がすごい

DSCF0933.JPG
電解コンデンサ
C10 C11 C12 C13 C14の取り付け




DSCF0934.JPG
片側だけハンダで仮止めして調節

DSCF0935.JPG

DSCF0936.JPG
できた


DSCF0942.JPG
J2 J3のピンヘッダーを取り付ける。
対角線を半田で固定

DSCF0943.JPG
残りをハンダ付け

DSCF0944.JPG




DSCF0945.JPG
アナログボード完成


DSCF0946.JPG
ロータリーエンコーダを向きを確認しながら組み立てる。

DSCF0949.JPG
上下逆という

DSCF0948.JPG
ロータリーエンコーダできた

DSCF0950.JPG
プレートを取り付けなきゃ

DSCF0951.JPG
保護シートははがすの楽しい

DSCF0952.JPG



DSCF0953.JPG
ロータリーエンコーダを乗っけてねじ止め後にはんだ付け

DSCF0955.JPG
電源を入れてみる。
緊張の瞬間
やった一発で動いた。

C3とC5を回してチューニング
C5の効果が謎

DSCF0956.JPG
むっちゃいい感じでんがな

DSCF0957.JPG
対角線にねじ止めしながら組み立て


完成

DSCF0958.JPG
出来た出来た。
初キット完成ですのん
これでいろいろと波形を見たりできるようになったね

この写真、電源が入った状態のほうがビジュアル的に良かったような

この記事へのコメント