ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを買ったから開封してみる

DSCF1129.JPG

9月ごろの予約に失敗してなかなか手に入らなかった。
ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
を開封してみる記事です。

パッケージ
DSCF1096.JPG


DSCF1097.JPG
たくさんソフトが入っていてお得な感じ


開封
DSCF1098.JPG
昔見たような気がする説明書の表紙が出てきた。

DSCF1099.JPG
丁寧に梱包されてる。

DSCF1100.JPG
ジャン
小さくてかわいいサイズ

DSCF1101.JPG
USBケーブルと大きさを比較してみる。

DSCF1102.JPG
付属品
ミニスーファミ
コントローラー
HDMIケーブル
USBケーブル

DSCF1104.JPG
フロントの端子部分がダミーなのはちょっと残念

DSCF1105.JPG
フロントパネルを開けると
はいメロンパン入れになってません

普通に端子が出てきます。

DSCF1111.JPG
両側を押すとロックが外れるタイプの端子

DSCF1106.JPG
差し込んでみる

DSCF1124.JPG
コントローラーは端子部を除いてスーパーファミコンとほぼ同じ
ケーブルの質感がちょっと違うくらい

DSCF1109.JPG


DSCF1114.JPG
左が映像右が電源

DSCF1112.JPG
よく見たら注意書きが

DSCF1116.JPG
ケーブル類をつないで電源をオン、とりあえず遊んでみる
片っ端からちょっとだけ遊ぶという富豪プレイが簡単にイヤッホォオオ!!!

当時プレイしたことのあるマリオカートとか微妙に操作感が違うような気がするけど(追記:コントローラが新しいからかも)
そんなことは些細な問題だから気にしない

この記事へのコメント