鉛フリーはんだSF-B1010の開封とレビュー

DSCF0820.JPG

鉛フリーはんだSF-B1010の開封とレビュー記事だよ
まとめ買いすると安くていいね

鉛中毒になるのはさすがに避けたいと思ったけれども
ワインにはんだを入れて飲まなきゃたぶん問題はないわけで
何で鉛フリーかといえば気分の問題です。


開封

DSCF0800.JPG
ブリスターパック入りのパッケージ

DSCF0820.JPG
成分
錫 99%
銀 0.3%
銅 0.7%
ローコストタイプの鉛フリー半田らしい

DSCF0821.JPG
赤いテープで止めてある。
DSCF0822.JPG
テープをとった後
粘々が残らないのがいい感じ

DSCF0823.JPG
引き出した後
どこからどう見ても半田


はんだ付けの感触とか
鉛入りと違って素直じゃない感じ、表面が酸化しやすい
温度調節機能付きの半田ごてを使っても、すぐにフラックスが飛んでしまうので(もたもたしすぎなのかもしれない)
修正の時は瓶入りフラックスが欠かせない

音響機器の場合使う半田で音が変わるらしいけれども
正直なところよくわからない
今後比較してみようかな

この記事へのコメント